厳選した食材と確かな腕その出逢いが織りなす究極の味
厳選した食材と確かな腕、その出逢いが織りなす究極の味 「京丹波高原豚」の赤身と脂身を独自の割合で配合し、秘伝の方法で熟成させてミンチに、祇園や先斗町の日本料理店も御用達の八百屋から仕入れた国産野菜をたっぷり使用したこだわりの逸品。一口食べたら肉汁あふれるジューシーさが特徴です。ニンニクを使用していないので、においを気にせずにたくさんお召し上がりください。
虜やの餃子の特徴
あふれる肉汁 餃子からあふれだす肉汁の量は小籠包さながら。焼きたて熱々を食べる時はやけど注意!
こだわりの素材 「京丹波高原豚」の赤身と脂身を絶妙に配合したミンチに、気候や時季により最適な産地を選定し厳選した国産野菜をたっぷり使用しています。
食後の口臭が気になるニンニクの代わりに、じっくり炒めた玉ネギで味の深みとコクを演出しています。においを気にしなくていいから、女性にも気軽に楽しんでいただけます。
「京丹波高原豚」とは

京都府の中部に位置する南丹市日吉町の丹波高原にある「日吉ファーム」で、自然豊かな環境のもとに大切に育てられた、厳選された血統の三元豚です。 パンを半分混ぜた飼料で育てることで、肉色が浅く鮮やかで、甘みがある柔らかい霜降り肉になり、寒暖差が大きく厳しい環境で飼育されることで、豚が強く育ち、豚本来のおいしさを引き出すことができます。

日吉ファームでは、繁殖性や肉質にこだわった掛け合わせを研究し、より良い豚の生産ができるよう管理しています。西日本豚枝肉コンクールで最高位の「農林水産大臣賞」を2年連続受賞していることが、京丹波高原豚の美味しさを証明しています。

店頭はお持ち帰りのみの販売になります 生餃子200円生大葉餃子250円焼餃子230円焼大葉餃子280円 焼餃子は注文後に焼き始めますので10分ほどお時間を頂戴いたします。お急ぎの方は電話でご予約下さい。
電話番号
営業時間
営業時間
お昼頃~14時頃/17:30~20時頃
定休日
毎週水曜日 不定木曜日
売切れ次第閉店となります。予めご了承ください
【営業日のお知らせ】営業日はinstargamにてお知らせしています。
アクセス
店の場所
店の住所
お問い合わせ
電話番号
おといあわせ